40代にも向いているiライン脱毛

美容のためにサロンやエステに通うのはおしゃれに関心の高い若い世代のような感じがしますが、40代以上の女性にとってもメリットがたくさんあるのでいつまでも美しい自分でいるために利用する人も増えています。

iラインの脱毛も40代を過ぎた中年以降の女性に人気があり、趣味やダイエットのためにプールやジムに通ったりヨガやエアロビクスを始めたとき、スポーツウェアをきれいに着こなせるようになります。

肌トラブルやエチケット対策で増えているiライン脱毛

40代を過ぎるとデリケートゾーンの痒みやショーツの摩擦によるかぶれなど肌のトラブルも増えてきます。アンダーヘアをしっかり処理しておけばこのような肌の悩みを予防したり改善できるので、iラインをきれいにしておくことは健康のためにも重要です。

女性ホルモンにも変化のある40代。アンダーヘアの量が多いと汗やおりものなどが付着してそこから雑菌が繁殖したり、不快な体臭の原因にもなってしまい痒みや湿疹を引き起こすことがあります。

肌トラブルが増えたと感じたらすぐに専門のサロンやクリニックに行こう

年齢を重ねた肌はデリケートです。40代以降は若い世代のようにはすぐに回復できないため、自己処理をする際には特に注意が必要です。

自分で剃ったりするとムラになってよけいにチクチクしたり、カミソリの刃が肌を傷つけたり痒みがひどくなってしまうこともあるので、専門のサロンやクリニックに行ってプロにやってもらうのがおすすめです。

ここがポイント!
40代の肌は10代や20代の肌と比べると新陳代謝が低下して、傷も治りにくくなってしまいます。脱毛をすることは、肌をいたわり守るという状態にもつながります。

40代の約40%がVIO脱毛をしています

iライン脱毛をしておけば永久的にアンダーラインの自己処理から解放されるので毎日快適に過ごせます。

また40代でも美しく、ファッションを楽しみたいという女性が増えていますが、せっかく服装をしっかり決めたのに股の間からむだ毛がはみ出していたりすると恥ずかしいので、iライン脱毛を受ければいつも堂々とファッションが楽しめるようになります。

ここ数年で脱毛の値段がグッと下がり、20代や30代で通えなかった40代の女性が光脱毛やレーザー脱毛を始めたり、キャンペーンなども利用して娘と親子で通う人も多くなっています。自分に時間とお金をかける余裕ができる40代は、脱毛を始める良い機会といえます。

40代で増えている「介護脱毛」

「介護脱毛」という言葉をご存知でしょうか?ここ数年で、将来の介護の時に備えてデリケートゾーンを清潔にしておきたいという人が増えています。

将来の介護で家族やヘルパーさんに対する負担を少しでも軽くしたいという気持ちから、40代のうちにiラインなどデリケートゾーンのお手入れをしておくのです。

多くの女性は40代になると親の介護に関わることも多くなり、自分が将来介護を受けるときのことリアルに感じるようになるため、美容目的だけでなく介護脱毛を受けたいと脱毛を始める人が多いのです。

なぜ40代にvio脱毛が人気なの?
自己処理から解放されたい
肌も痛めてしまう頻繁な自己処理の必要がなくなります
白髪が増えてしまう前に脱毛したい
40代以降で白髪が多くなると脱毛が困難になります
入院や介護の医療が必要になった時のため
お世話をしてもらうときのエチケットとして行う人が増えています
デリケートゾーンの不快感をなくしたい
見た目とともに清潔感も保て、ムレや生理時の不快感がなくなります
40代以降の女性特有の病気を早期発見できるため
ムダな毛がないと視覚的にも分かりやすく、早期発見しやすくなります

iライン脱毛の効果を感じるのは施術何回目から?

美容脱毛業界が提供するアンダーヘアの脱毛メニューは、完成するまでの複数回の施術を繰り返す必要があります。これはエステティックサロンでの光脱毛でも医療系美容クリニックでのレーザー脱毛でも同じことです。

あらかじめアンダーヘアを剃った状態で、毛穴に残った毛根に光またはレーザーを照射し、脱毛を促すという原理であり、これを繰り返すことで毛母細胞からヘアの再発毛能力をなくしていこうというしくみで行なわれているメニューだからです。

ヘアが薄い人と濃い人では効果が異なる

クリニックやサロンの脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応して脱毛を促します。そのため、毛が薄い人と濃い人では効果に差が出てくることがあります。

ヘアが薄い人であれば所要回数は少なく、施術は6回程度と言われています。反対にヘアが濃い人であれば、施術は18回ほど繰り返し行なわれます。40代からは再発毛能力や体毛の量に変化があることもあります。

施術を行なうには、直前の施術をすませてから2〜3ヶ月おいて肌や毛母細胞のダメージが回復するように休養期間を設けなくてはいけませんので、長期間にわたって行なわれるメニューであると言えます。

年齢によっても照射の効果に違いがあります

また、40代になるとアンダーヘアにも白髪が混ざってきます。ヘアが薄い人と濃い人で差があるのと同じように、黒いメラニンに反応するレーザーの仕組み上、白髪が多くなっても効果が薄れてきてしまいます。

白髪になってしまった毛の脱毛に効果があるのはニードル脱毛のみとなってしまいます。個人差がありますが、50代になるとvioラインの白髪も目立ってくるため、まだ少ない40代のうちに終わらせたいと思う女性が増えています。

40代からは体毛の量にも変化が
ここに注意!
女性ホルモンに変化のある40代からは、一般的に体毛も濃くなるといわれています。

女性ホルモンの量は20代前半でピークとなり、その後40代をさかいとして急に減るため、体毛が濃くなってしまうと脱毛回数も増えてしまいます。

再発毛が無くなるまでにはどれくらいかかるのか

さて1回目の施術が終わり、毛穴に残った毛根からヘアが伸び出してくると、ヘアは根元からスルッと抜けてしまいます。これが施術の効果です。

しかし毛母細胞はまだヘアの再生産能力を保っていますので、2〜3ヶ月の休養期間のうちにほぼ元取りになってしまいます。そして施術回数を重ねる度に、再発毛自体が減ってくる効果を感じるのです。

脱毛するうえで毛周期に沿って行うことは重要ですが、この毛周期には年齢、体の部位、ホルモンバランスでも違いが出てきます。個人差がありますが、40代など年齢が上がってくると休止期も長くなってきます。

iラインの効果を感じるのはトータルの1/4~1/3回目から

年齢にかかわらず、40代でも気になるiライン部分のムダ毛。iラインは、外側は普通の皮膚、内側は粘膜質になっており、内側のヘアはあまり多くない人もいるでしょう。

iライン内側の部位であれば効果を感じるのはトータルの回数の1/4回の施術を終えた頃から、iライン外側の普通の皮膚の部分であれば、トータルの回数の1/3回の施術を終えた頃から再発毛が無くなってきたと感じるようになるはずです。

当サイトでは、そんな40代の方にもおすすめの効果的な施術を行うサロンの情報を多数ご紹介していますので、是非ご覧ください。

iライン脱毛に行くなら!格安サロンランキング