iラインの脱毛は1回目が重要になります

vioラインの脱毛を行う女性は現在では珍しくはなくなっています。これは近年になって急速に美容意識が高まった事が理由で、ムダ毛の処理をキチンと行う事は身だしなみの第一条件になりつつあります。

iラインの施術は1回目がポイント

vioラインの脱毛を多くの女性が行っていますが、その中でも特に注意が必要になるのがiライン脱毛です。

基本的にiラインは刺激に弱い場所ですので、施術を受けた際に強い痛みを感じる事があります。特に1回目の施術が重要なポイントになっていて、この初回のiライン脱毛をしっかりと乗り切る事が効率的なやり方になっています。

また、vラインやiラインをどこまで脱毛するのか、どんなデザインにするのかは1回目の脱毛までに決めておくことが必要です。どう整えるかによって、事前の自己処理方法も変わってきます。

施術時の痛みには個人差があるものの多少の痛みがあることは知っておこう

まず、1回目の脱毛は非常に痛いと言う事を理解しておく必要があります。これは上記のように刺激に弱い箇所に強い刺激が加わる事を理解しているのといないのとでは痛みの感じ方が変わってきます。

なので最初から痛みを感じる事が分かっていればある程度は我慢しやすくなりますし、その後の施術も受けやすくなるとされています。したがって1回目の施術を受ける際には、かなり強い痛みを想定しておく事が重要なポイントになっています。

初回を過ぎれば痛みは減っていきます

脱毛1回目の施術では特に強い痛みを感じる方が多いのですが、その後は回数を重ねることにより痛みは和らいでいきます。痛みに慣れるという理由もありますが、1回施術をするごとに毛量も減っていくため、その分痛みもだんだんと少なくなっていきます。

なおこのような痛みの感じ方には個人差がありますので、想定以上の痛みを感じる事があります。

そのような時に無理をしてしまうと思わぬ弊害を生む事がありますので、耐えられないような痛みを感じた場合には施術しているスタッフに素直に伝えて施術を中止するなどの対応が求められます。

脱毛の痛みを軽減するには?
痛みの少ないレーザー脱毛機器を選ぶ
クリニックの場合は麻酔を使用する
iラインの内側の照射は避ける

サロンやクリニックで使用される脱毛器にはいくつか種類があります。できる限り痛みを抑えるには、事前に冷却装置付きなど肌を冷やすことで痛みを抑える機器や、施術時間が短時間で終わる機器のあるところを選ぶと良いでしょう。

最終的にヘアをどう整えるかで事前の処理が変わる

脱毛をする時には事前にシェービングの自己処理が必要になりますが、これは最終的にアンダーヘアをどう整えたいかによってどう剃るかが変わってきます。

全体的にヘアのボリュームを抑えて薄くしたい場合は、1回目や2回目は全剃りをすることが必要です。一度全体的に照射することで、全体の毛量が少なくなり、おさまりもよくなります。それ以降は完全になくしたい部分のみ剃っていくことになります。

また、iライン脱毛のデザインを決めるときはvラインとのつながりを考えて行うことが必要です。iラインの幅はどうするか、どのくらい脱毛するかを決めますが、vラインとのつながりを考えておかないと不自然になってしまいます。

自分だけでは難しいと感じたら、無料のカウンセリング時などに相談してみましょう。

リピーターが続出のiライン脱毛サロンに行く

エステと医療系で違う!iライン脱毛完了までの施術回数

今日の美容業界で行なわれているiライン脱毛は、vio脱毛やハイジニーナ脱毛などという名称のメニューになっています。自分でヘアの手入れをするとなると煩わしいものですが、これらのサービスを受けると何年も効果が持続するというメリットがあり、ユーザーの満足度は非常に高いものとなっています。

医療レーザー方式と光方式の施術方法はほぼ変わらない

ところでこのサービスに用いられる技術は、医療系美容クリニックにおいてはレーザー方式が、エステにおいては光脱毛方式が用いられます。技術的に若干の違いがあるとはいえ、原理はほぼ同じです。

あらかじめカミソリで剃っておいたデリケートゾーンの毛根の黒い部分をレーザーまたは光で照射し、毛穴からヘアを脱落させるというものです。

そしてこの施術を、2〜3か月の間をおいて複数回繰り返すことによって、次第に毛母細胞から再発網の能力を阻害させていき、やがて生えて来なくなるという効果が期待できます。

この場合問題となるのは施術の回数でしょう。こればかりは一律に何回ということができません。

施術回数を少なくしたいなら医療脱毛がおすすめ

ただ、医療脱毛は美容サロンの光方式と原理は同じですが、照射1回ごとの強さが違います。医師しか行うことのできない医療レーザー脱毛のほうが照射の威力が強いため、施術回数はエステよりも少なくなります。

施術回数を1回でも少なくしたいという方には、医療脱毛のほうが向いているでしょう。

サロンとクリニックの脱毛の違い
エステサロン
痛みが少ない
1回の施術料金が安い
1回の脱毛効果が弱いため脱毛に時間がかかる
クリニック
痛みが強い
1回の施術料金が高い
1回の脱毛効果が高いため、少ない回数で脱毛できる

毛の量や生え方によって施術回数は変わる

回数が変われば費用も変わりますので重要な要素には違いありませんが、ヘアの状態は人によって千差万別であり、その状態によって回数は大きく変わります。

iラインにはほとんどヘアが生えていないかうっすらとしか生えていないという人もいる一方で、vラインからoラインにつながるように広範囲にびっしりと剛毛が生えている人もいます。こうしたヘアの様子の違いが、回数の違いとなって現れるのです。

おおむねヘアが少ない人は回数は6回ほど、ヘアが多い人の場合は18回を数えるということもあります。ただし同じiライン脱毛でも、医療系美容クリニックではレーザー方式が用いられ、エステの光方式より出力が高い分効果が強力であり、トータルの施術は1割ほど施術回数が少なくなると考えられています。