iラインのレーザー脱毛の痛みについて

女性の脱毛と言えばいわゆるvioラインになりますが、この中で最も痛みが強いのがiラインのレーザー脱毛です。

これは顔・全身の中では基本的にiラインが刺激に弱い事が理由になっていて、刺激に弱いと言う事は施術で痛みを感じ易いと言う事になります。最近では気軽に安い価格で脱毛できるようになり、女性の脱毛も当たり前に行われるようになりました。

iラインレーザー脱毛は痛い?安く受けるためには

一般的に言うと、vioラインの中ではoラインに痛みを感じることが多いのですが、部位的に毛がそれほど多くないため、施術時間も少なく、強い痛みがずっと続くことはないと言えます。

それと比較するとiラインのレーザー脱毛はとても痛みが強く、中には泣いてしまうほど痛いと感じる方もいます。iラインが痛いといわれているのはそのためです。

しかしこれは初回の場合などレーザー脱毛に慣れていない場合です。

脱毛施術中は常に痛みを感じることはないでしょう

上記のように刺激に弱い事が痛みの理由になっていますので、慣れてくれば痛みも弱くなりますし、痛みの逃がし方なども分かるようになります。

また、レーザー脱毛の痛みは使う機種によっても違いが出てきます。機種にも最新のもの、古いもの、高価なもの、安いものと様々なので、やはり常に最新のものが痛みを抑える効果が高いようです。

実際には想像より痛く無いことも多い

また基本的に医療脱毛用のレーザーであれば回数は5回~8回程度とされていますので、苦痛を感じる機会は少ないと言えます。さらに一回の施術は10分程度になりますし、その間常時痛みを感じるということは無いのです。

なのでレーザー脱毛の痛みが強いと言っても、それをいつまでも感じる事は少なくなります。口コミの中では、痛いのではないかと抵抗があってなかなかクリニックに行けなかったという人も、実際に行ってみると「思ったより痛くなかった」と感じる人が多いようです。

不安な方は手軽で安いお試しコースを

そのため、レーザー脱毛の痛みに不安な人も実際に一度お試しで体験してみることをおすすめします。とても安い価格の初回お試しコースもあります。

ただしこのような痛みの感じ方には個人差がありますので、「絶対に痛くない」と言い切ることはできません。もしあまりにもレーザー脱毛に強い痛みを感じる場合にはスタッフにそれをハッキリと伝える事が重要です。

ここがポイント!
・痛みには個人差があるが、「思ったほど痛くなかった」と言う声が多い
・不安に感じたら、まず安いお試しコースで体験してみるのがおすすめ

エステサロンは痛みが少ないが施術回数がクリニックより多くなる?

医療用のレーザーはクリニックでレーザー脱毛する場合でしか使うことはできません。これは使用するのに免許が必要な事が理由になっていて、基本的にエステサロンでは使うことができません。

なのでiライン脱毛が安いエステサロンで施術を受ける場合は、1回の価格が安く比較的痛みは弱くなりますが、回数が増えるのが特徴です。

医療用のレーザー脱毛はエステサロンに比べると高額ですが、効果が強く回数が少なくて済むので、トータルで比較すると安い場合もあります。

エステサロンとクリニックの違い
エステサロンの特徴
・施術回数の目安は約18回
・照射パワーが弱いので痛みも弱い
・価格が安いので気軽に通える

クリニックの特徴
・施術回数の目安は約5回
・照射パワーが強いので痛みも強い
・価格は高いが、完了までの時間が早いのでトータルでは安い場合も

iラインの粘膜までレーザー脱毛できるの?

女性の気になるポイントとして上位に入るのが、ムダ毛です。中でも、ビキニラインなどの陰部はかなり気になる方も多くいます。

しかし、デリケートなところでもあるので、一人で悩んで失敗する方も多くいます。

iラインの脱毛はどこまでできるのか

デリケート中のデリケートな部分と言えば、iラインです。そもそもiラインのレーザー脱毛は、どこまで出来るのか考えたことはあるでしょうか。

結論としては、iラインのレーザー脱毛では、サロンにもよりますが粘膜までレーザー脱毛を行えます。

しかし、デリケートな部分となるため、美容外科などのレーザー脱毛サロンよりも医師が常駐するクリニックで行える可能性が高くなります。粘膜までとなると、痛みも強くなりますし、肌への負担も大きくなります。

価格が安いだけでなく評判が良いところを選びましょう

また気を付けたい点として、iラインのレーザー脱毛をする際には粘膜ギリギリまでレーザー脱毛できるクリニックを選ばないと、不自然な形で毛が残ってしまうこともあります。

iラインを全てきれいに脱毛したい場合は、安いかだけではなく評判の良い医師の行うクリニックを選んだほうがいいでしょう。

陰部は医師が行なってくれる脱毛クリニックをおすすめします

陰部は、vioラインという分け方をしており、コマネチの部分がv、肛門周りがo、vからoまでを結ぶi字の部分をiラインといいます。どの部分のレーザー脱毛も痛みはあるものの、出来る限り際まで攻めたいという女性は多いです。

少し前までは脱毛は脚や腕が一般的でしたが、今は手軽に安い価格で受けられるのでvioの脱毛も当たり前になってきています。

施術前は必ず十分な相談を

必ず医師やカウンセリングで相談をしてから施術を行ってください。vラインの範囲に関しては、レーザー脱毛サロンやクリニックによって違いがあり、どこまで指しているのかが異なることもあります。

価格が安いと思っても、表す範囲が想像と違っていたということもあります。ですので、事前にしっかりチェックしておくことが重要です。

vioラインがセットで安い場合も

それに比べて、iラインに関しては同一部位・同一範囲を指していることが多いので、安心して受けることができます。また、vioラインをすべてコースとして月額代なども安い料金でレーザー脱毛できるサロンや院が増えています。

医師と相談してからiライン脱毛をしましょう

水着で気になる方や、彼や旦那さんが気にする方は、自分の身体と、また信頼できる医師と相談してから行うことをオススメします。

無料のカウンセリングをいくつか予約してみるのもおすすめです。また、安い体験コースで比較するのもよいでしょう。

vioラインレーザー脱毛のメリット

パンツを履いていても、もちろん水着になっても、陰部の毛は一番気になるポイントです。

今は価格の安いサロンやクリニックも増えているので、多くの人が脱毛をしています。見た目だけでなく、レーザー脱毛をすると様々なメリットがあります。

レーザー脱毛のメリット
・自己処理による黒ずみの心配が無い
・汗をかいても蒸れにくく快適
・生理の時や、おりものがある時も衛生的
・デリケートゾーンのにおいを軽くする効果も!

デザインはしっかり相談しましょう

ただ、注意する点としてはvラインのデザインです。多くても少なくても変な感じになります。また、形も不自然にならないよう注意したほうがいいでしょう。

一度レーザー脱毛をして毛を薄くしたり、完全に生えてこないようにした後ではやり直しがききません。失敗したり後悔しないために、しっかりと考えてから行うことが重要と言えます。価格が安いかどうかだけでなく、どれだけ自分の理想に近づけるかも大切です。

また、毛量と広さでもかなり見た目は変わりますので、しっかり相談をしてからレーザー脱毛のレーザー脱毛施術を行うようにしましょう。