iライン脱毛は妊娠中は避けましょう

vioライン脱毛をしたいけれど、妊娠が発覚したので、妊娠中はエステサロンや美容クリニックに行かない方が良いのかどうか、悩んでいるという方もあるかも知れませんね。そんな気になる妊娠中のvio脱毛についてご説明します。

妊娠中のvioライン脱毛は効果があるのか

妊娠中はvioの脱毛をしてはいけないという法律などの決まりはないのですが、サロンやクリニックによって対応は分かれるので、問い合わせると良いでしょう。

vioの脱毛だけでなく、妊娠中の際には全身の他の部位を行うことも断られる場合があります。

妊娠中はホルモンバランスの変化で脱毛効果が減少

妊娠中はホルモンバランスに変化が訪れるので、体毛が濃くなる人が多く、vioライン脱毛を受けても、毛が抜けにくくなるなど、効果があらわれないことがあります。

毛周期はホルモンバランスと密接に関係しているため、このようなことが起こります。

vio脱毛しても妊娠中であまり効果が実感できないのであれば、せっかく脱毛を行う意味もなくなってしまうので、サロンやクリニック側もおすすめができないのです。

妊娠中のvio脱毛は避けたほうが安全

それにvioラインはただでさえデリケートな部位なので、ホルモンバランスが崩れている妊娠中は避けた方が安全です。

ほとんど変化がない人もいますが、せっかく施術を受けても効果がないのであれば、お金を無駄にすることになるでしょう。

ここがポイント!
ホルモンバランスが崩れデリケートな妊娠中の脱毛は無理をしないようにしましょう。

痛みやストレスなどあらゆる可能性が胎児に影響してしまう

妊娠中の時期はvio脱毛時に強い痛みを感じやすいですし、子宮収縮により、切迫早産などが起こる可能性があるといわれています。

また湿疹や炎症、かゆみ等の肌トラブルも妊娠中には起こりやすいので、サロンやクリニックの中には、これらのリスクを避けるため、vio脱毛をお断りしているところが少なくありません。出産後、生理が始まったらOKのところが多いため、vioライン脱毛を受けたいときは、それまで待つようにしてください。

基本的に光やレーザーは胎児には影響がありませんが、母体に痛みや肌トラブルがあると、ストレスが溜まるので、それがもとで何らかの影響が出る恐れがあります。妊娠中は胎児のことに専念し、vioラインの処理は後回しにしてください。

vioライン脱毛の必要性が大きい人

上記のように妊娠中の女性には脱毛で気を付けるべき点もありますが、無事出産が落ち着いたあとも子育てなどいろいろと大変なものです。できることならvioのお手入れは妊娠前にしておくのがベストといえます。

子育ての忙しさや大変さは、だれでも想像がつくのではないかと思います。そんな中でvio脱毛でサロンに通ったり、自分自身のお手入れに時間を割くというのも、難しい場合が多いです。

妊娠後はいつからvio脱毛に通える?

妊娠中と同様に、出産後も暫くはホルモンバランスが崩れているため、vio脱毛にいつから通えるかはお店によります。

妊娠中で通えなくなる前にvioの処理を終わらせておけば、忙しい子育て中も気がかりが一つ減り、余裕も生まれます。

お店によっては休会制度があるところも

また、もしvio脱毛に通っている最中に妊娠が発覚しても、サロンによっては休会制度があったりもします。

妊娠中で休会制度によって一度間が空いても、それまでの効果がなくなってしまうことはありません。お店によって休会制度も違うので、ぜひ確認しておくとよいでしょう。

vioのお手入れは必須のエチケットの1つです

アンダーヘアのお手入れ、どれくらいの頻度で行っているでしょうか。中には全く手つかずといった状態の女性もいるかもしれません。

もしそうならば、少し大人の女性としての自覚が少し足りないかもしれません。妊娠中でないならば、vioはしっかりとしておきたいものです。

ここがポイント!
vio脱毛を経験している人は2人に1人。

衛生面だけでなく、今や当たり前のエチケットの一つです。

アンダーヘア脱毛のメリットは見た目だけじゃない

最近では、iラインやoラインなどの部分的なムダ毛も安さが魅力の脱毛サロンで処理できるようになりました。

vioラインなどを脱毛することの必要性は、なにも見た目重視ということではありません。

vio脱毛でデリケートゾーンが快適に

妊娠前にvioの処理を終わらせておけば、妊娠中にもあまり不快感がなく快適に過ごすことができるでしょう。

例えば、臭いや蒸れが気になっているという女性はすぐにでも試してもらいたいほどです。vioラインのアンダーヘアには多くの細菌や汚れが付着しています。下着によって中は湿度が高く保たれていて、群れ易く、細菌の繁殖には絶好の場所なのです。

避けたいデリケートゾーンの不快な状態
水着や下着からヘアがはみ出してしまう
ヘアに雑菌がたまり「できもの」ができる
生理の時の不快感の原因になる

この部分を脱毛することによって、細菌や汚れのとどまる場所が減り、vioの不快な症状を緩和してくれます。特に妊娠中や生理中などはその効果が大きく感じられます。

vio脱毛サロンに通って女子力をUPさせましょう

国際化が進み、海外の男性とお付き合いすることもないとは言い切れません。その時に、海外の男性が一番びっくりすることは、日本人女性のアンダーヘアが何も手入れされていないことだそうです。

そのようなことで幻滅されないためにも、せめてvioの毛量をコントロールするなどのケアが必要です。

妊娠中の産婦人科受診も恥ずかしさが軽減

口コミでは、「事前に脱毛していたおかげで妊娠中、産婦人科の受診で恥ずかしい思いをせずに済んだ」という声もあります。

vio全てをツルツルにしてしまうのが不安という女性も中にはいますが、vゾーンを適度に残しておくことで温泉施設などでほかの部分が目に触れるということはありません。

それよりも、oラインなどはムダ毛がある方が恥ずかしいものではないでしょうか。