iライン脱毛のやけどが心配ならクリニックへ

脱毛施術では、まれに火傷が起こることがあります。iラインを完璧に脱毛するなら粘膜まで処理してもらう必要がありますが、vioライン部分は色素沈着を起こしているため、光やレーザーが反応しやすくなります。

通常の皮膚の色よりも黒いため、熱が伝わりやすく、火傷を起こしやすいため、腫れたり、皮膚が剥がれる恐れがあるので注意しなければなりません。

サロンやクリニック選びは安心感があることも大切

現在、iライン脱毛の方法として主流になりつつあるのが、光のエネルギーを利用する脱毛方法です。毛根に光エネルギーを与えることにより、新しい毛が生えにくくしていきます。

通常は脱毛で使われる光エネルギーの強さでは火傷をすることはありませんが、下着のスレや自己処理で色素沈着があったり、特に肌が乾燥しているなどの何らかの原因でやけどを起こしてしまう可能性があります。

これはクリニックや脱毛サロンだけでなく、家庭用脱毛器でも火傷のトラブルが増えてきています。毛根細胞をしっかり破壊するには熱を発生させなければいけないため、火傷のリスクをゼロにすることはできないのです。

iライン脱毛をサロンで受ける場合

火傷を起こすと治るのに時間がかかるので、低価格のiライン脱を行う場合は出来ることならリスクのある粘膜部分は避け、粘膜ぎりぎりの皮膚の部分のみ、光やレーザーを照射してもらうようにしましょう。

どうしても粘膜部分のムダ毛まで処理したいときは、美容皮膚科や美容外科などのクリニックで医療レーザー脱毛を受けることをおすすめします。エステサロンでは医療行為が出来ないので、火傷を起こしたとしても、その場で治療を行うことは出来ません。

クリニックなら万が一の場合でもすぐに処置が可能

ドクターサポートを行っているエステもありますが、対処を受けるまでは時間がかかってしまいます。その点クリニックなら、その場にお医者さんや看護師さんがいるので、すぐに薬を塗るなどの陣俗な処置が行えますから、悪化を防げます。

ここがポイント!
火傷はその深さと面積で症状の重症度や治療方法が変わってきます。また、火傷はすぐに適切なケアをできたかどうかで、その後の治りや火傷跡が綺麗になるかも大きく変わります。

クリニックでiライン脱毛をするメリットはたくさん

iライン脱毛は、皮膚の中でも非常に敏感なので、エステでもクリニックでも痛みを感じてしまいますが、医療機関であるクリニックなら麻酔が使えるので、辛い思いをしなくて済みます。

それに医療レーザーの方が、エステのマシンよりも平均で3倍ほど威力が強いので、少ない回数でiライン脱毛を完了させることが出来ます。エステは低出力でしか施術を行えないため火傷のリスクも減りますが、回数を多く通わなければならないので、早く終わらせたい方はクリニックに行きましょう。

医療脱毛のメリット
・一回の施術時間が短い
・一度の効果が高いため、短期間で脱毛が完了する
・広範囲を一度に照射できる
・麻酔クリームなども相談して使用できる
・黒ずみの解消など美肌効果が期待できる
・医師が施術するので火傷などトラブルの時にも安心

iラインの脱毛はするべき!その理由について

iラインとは、股関節の内側の部分で女性器周りのことを言います。デリケートゾーンと粘膜にとても近い部位ですが、この部分を脱毛する方が最近急増しています。ではこのiライン部分を脱毛することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

女性にとってiライン脱毛が必要なシーンとは

まずiライン脱毛の1番のメリットと言えるのがTバックの下着や水着、ほかにもセクシーな下着や水着など露出度の高い恰好も周囲の視線をきにすることなく思いっきりたのしめるということです。そのため、このような下着や水着を着たいと考えている方は脱毛をするべきだといえます。

ですが、特に着たいと考えていない方も多いと思います。実はそのような方にとってのメリットもあります。

それは特に生理時に生理時の独特の臭いや不快感を軽減し蒸れにくくかぶれにくい状態を保つことができます。また、排泄物が付着しにくいため衛生面でも大きなメリットがあります。

iライン脱毛にはデメリットよりもメリットのほうが多い

脱毛には上記のように、火傷の可能性や費用がかかることなどデメリットもありますが、今はキャンペーンやコースで大変安く施術を受けられたり、きちんとクリニック選びをすることで火傷時などのリスクも減らせます。デリケートゾーンの脱毛にはデメリットよりもメリットの方が多いと言えます。

脱毛時の火傷は、しっかり保湿して色素沈着を防ぐこと、肌を健康に保つことなどで防ぐことができます。これは火傷を防ぐだけでなく、施術時の痛みも軽減する効果があります。

ここがポイント!
施術前に無料カウンセリングを受けるなどすることでクリニックの技術レベルや方針なども分かります。責任ある対応をしてくれ、万が一、火傷などのトラブルが起きてもところ安心な所か考えて選びましょう。

カミソリなどの自己処理は怪我をしてしまう可能性も

ただこれだけメリットがあるiラインの処理ですが、残念なことにiラインは自分の目で確かめながら自己処理を行うのが難しい部位です。そのため、自分で綺麗に処理するのは至難の業です。

また、毛抜きはトラブルのもとになりますし、カミソリも怪我によって出血やケガを起こす可能性があります。

更に、この部分は皮膚が薄く少しの刺激でも皮膚が過敏に反応してしまうため自己処理は黒ずみの原因にもなります。そのため、処理を行いたいのであれば必ず脱毛をするべきだと言えます。

自己処理は肌トラブルのもと!
自己処理を続けると、脱毛時の火傷や痛みにもつながる色素沈着が進んだり、肌トラブルのもとになってしまいます。肌のためにはできるかぎり控えましょう。